アテンショングラフの作成過程

アテンショングラフの作成過程

ブラウザに露出された画面を基準に、ユーザーが実際に注目した領域と滞在時間を考慮し「注目度」を算定します。

User A
3 Seconds 2 Seconds

Aユーザーは、ページの上部で3秒、そして
中間部で2秒滞在しました。

User B
5 Seconds 0.1 Seconds 5 Seconds

Bユーザーは、ページの上部に5秒、中間部で0.1秒、下部で5秒間滞在しました。

User C
10 Seconds

Cユーザーは、ページの上部で10秒間滞在しました。

AVG ( User A User B User C · · · )

各ユーザーによるページの高さ別滞在時間を合算した後、ユーザー数で割り、「滞在時間の平均値」を計算します。

ページの高さに分布された全体ユーザーの平均滞在時間を表すアテンショングラフを視覚化します。

Heatmaps
y x
1y軸 - 高さ

ページの高さ別(Y軸)注目度を
X軸の高さから確認することができます。

2x軸 - ユーザーの関心度

実際のユーザーの滞在時間が反映された
注目度の数値(関心の程度)を表します。

X軸が最も高い区間は、ページ内で最も注目された領域であり、
その程度に比例し表記した他の領域の注目度を一緒に確認することができます。

3地点別関心度と到達率 At this point, all users focused for 1.3 sec in avg and 77% of the user were reached.

高さ別区間にマウスをオーバーすると、
その領域の平均滞在時間とスクロール到達率に
関するツールチップが表示されます。