主なCTA要素に対するユーザーのグループ分けと分析

1CTA要素の基本情報

逆追跡するUI要素の
スクリーンショットと、
その要素を選択したユーザーの流入経路を提供します。

2CTAユーザーの情報比較分析

特定の要素を選択したユーザーを基準に、情報を再構成し提供します。

要素を選択したユーザーのPVやUV、新規&リピーター、滞在時間、
デバイスに関する指標を提供するのは
もちろん、全体ユーザーとの比較も
行えます。

会員DBと連動する場合は、ユーザーの個人情報(年齢、性別、地域など)として
再構成し提供します。