ビュン(Beung)

ビューザブルの開発会社である「株式会社ビューザブル」のデータセンター「ビュン(Beung)」をご紹介いたします。

「ビュン(Beung)」とは?

データを見て、データセンターを見て、世の中のデータが見える

「ビュン(Beung)」とは、ビューザブルの開発会社である「株式会社ビューザブル」が設置したデータセンター名です。「ワールド・ワイド・ウェブ(World Wide Web、WWW)をビューザブルで動かす」という決意を形象化し、そのデザインのメタファーを用いて作られました。

「ビュン(Beung)」の目標

弊社は、グローバルIT企業がどのように起業をしたか、どのように成長してきたのか、またその過程には共通点があることを知っています。
位置や内装、人材など、全てが足りない環境の中で小さな規模から始めて、誰よりも大きな夢を目指して努力した結果、夢を叶えたということです。

弊社が設置したデータセンターである「ビュン(Beung)」は、上記の写真のようです。
現在、グローバルIT企業のデータセンターと比較できないものかもしれません。
しかし、弊社のデータセンター「ビュン(Beung)」の始まりは、そのIT企業の初期と同じように、大きな夢を目指しているというゴールが一緒です。

ビューザブルは、大きな夢を持って、目標を達成します。

ビューザブルの開発会社である「株式会社ビューザブル」は、2つの夢を持って、データセンター「ビュン(Beung)」を設置しました。

独占されているユーザーのデータソリューション市場に対して、新しい代案を提供したいと思います。
ビューザブルは、今後2.0にアップデートし、既存ユーザーの経験だけではなく、ユーザーの指標統合ソリューションとして成長していきます。
わかりづらいGAはもう手放してください。データセンター「ビュン(Beung)」でGAのようにデータ処理ができるビューザブルで、これからは簡単で直観的なデータ分析を始めてください。

データ・ドリブンによって意思決定する文化を定着させるため、サポートします。
このため、ビューザブル2.0は無料で利用できるように提供する予定です。皆様が気軽にデータ分析をして活用できるように、またデータに基づき意思決定する文化が定着できるように弊社がリードします。

世界初の自主的なデータセンターを設置し、運営することによって、一層成長していく弊社を、どうぞ宜しくお願いします。

ありがとうございます。